FC2ブログ
熊本眼科スタッフブログ

視能矯正学会に行ってきました!

先日、横浜で開催された第59回日本視能矯正学会に
参加してきました!
今回のテーマは「Step by Step-“学ぶ”」
日々進歩していく医療、さまざまな情報が行き交うなか
私たちもこれまでの知識に加え、常に新しい情報を
取り入れ、学び、日々の診療に生かしていくことが
大切であると改めて感じられる内容でした!

これまでの斜視弱視の訓練に加え、近年増える近視について
近視抑制効果が期待されているオルソケラトロジーや
眼底検査で有用であるOCTという検査において
「血流を見る画像検査」についての講演、
目から分かる全身疾患についての講演など、
普段の臨床に直結する内容から最先端の話題まで
幅広いテーマで2日間に渡り多くの分野の現状と
これからを知ることができました

今回学んだ知識をスタッフ間でも共有し
これからの診療に生かしていければと思います(*^_^*)

視能
yokohama.jpg
スポンサーサイト

スペシャルオリンピックス

こんにちは!
先日、スペシャルオリンピックス地区予選が開催され
昨年に引き続き当院より医師と検査員2名が
HAP(ヘルシーアスリートプログラム)の部で
参加させていただきました!
スペシャルオリンピック

スペシャルオリンピック 2
HAPの部に参加された方は
日頃心配されていることや、健診の結果について
皆さん思い思いの相談をされ、
HAPの趣旨であるアスリートの健康を増進し、
競技会などで実力を最大限に発揮できるよう健診、
またアドバイスによりアスリートの皆さんの生活の質の向上を
目指すお手伝いの一部となれたのであれば良いなと感じました!
当日は天候にも恵まれ、屋内外での競技の方も
盛況だったようで!
今後のアスリートの皆様の更なる活躍が楽しみです!
お手伝い頂いたボランティアの皆様、参加して下さった
アスリートの皆様ありがとうございました!!

おすすめメガネフレーム!

こんにちは!
日中も寒さを感じる日が多くなり、秋が深まってきましたね!
行楽シーズン、、お出かけの機会も増えるこの時期に
今回はファッションとしても楽しめるメガネフレームをご紹介します!

サングラスでもお馴染みのRay-Banより
アジア限定シリーズのフレームです!
DSC01897.jpg
こちらのフレームデザインは東洋人向けにに企画・開発されたアジア限定シリーズで、
テンプルの長さや鼻幅、鼻盛りの高さを東洋人向けに設計されているのでかけ心地の良いフレームとなっています!
DSC01890.jpg

2.jpg
普段使いの眼鏡にはもちろん、、サングラスとして色を入れても
オシャレにかけられるおススメのフレームです

こども用メガネが入荷しました!

こんにちは(*’U`*)
9月に入り、朝晩は涼しくなり夏の終わりを感じるようになりましたね。
食欲の秋...おいしいお芋が沢山食べられる日が待ち遠しい今日この頃です

さて、今回はメガネコーナーからこども用メガネフレームを紹介します!
こども用として機能性、安全性の高い上質なつくりはもちろん
大人でもかけたくなるようなオシャレなメガネフレームです。
omodok1.jpg
DSC01712.jpg
サイズ展開も豊富で低学年~高学年向けのものを取り揃えております!
鼻パッドには肌に優しく抗菌性もある天然素材とうもろこしの
オリジナルコーンパッドを使用してあります。
壊れにくい安全な作りにこだわった日本製のフレームで
お子様に安心して使って頂ける商品です(´∀`*)
ファッションの一部としても楽しめる自分だけの1本を見つけに
ぜひ4階メガネコーナーにお立ち寄りくださいDSC01716.jpg




歩行訓練

毎日うだるような暑さが続いていますが、皆さん熱中症など
体調管理は大丈夫ですか??
まだまだ、暑い日が続くようですが
体を労わりつつ、夏を楽しめるといいですね!

さて、当院では先月の勉強会で視覚障害者への対応・基本的な誘導の仕方について
熊本県視覚障がい者福祉協会団体より歩行訓練士の東 和孝 先生に講義をして頂きました。
見えにくい方へのサポートとして、普段 東先生が行われている白杖を使用した歩行訓練の現状や
日常生活に必要な動作・技能の指導やサポートの在り方について講義して頂いたのち
実際に見えにくい方への誘導の方法を職員同士で実践し注意点等を指導して頂きました。
DSC01383.jpg
編集
DSC01392.jpg
実際に自分が誘導される側も体験してみると、初めての場所で
視覚情報が少ない中歩行する不安、恐怖感を感じ
改めて、誘導の仕方の重要性を体感することが出来ました。
今回の講義を受け院内での誘導はもちろん、日常的に身の回りで困っている方の
サポートを積極的にしていきたいと思いました!
職員の中でも改めて正しい誘導の仕方を再確認しあって
より安心して通院して頂ける院内であるよう努めていきたいと思います!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
熊本眼科スタッフブログ サイトマップ お問い合わせ・資料請求